Post

冬彩の谿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬彩の谿

一部地域では2月から渓流の解禁をむかえる。


そろそろ谿の様子が気になってきたので
日曜日の午後から冬枯れの谿を歩いてみた。

冬の渓3
※5DMarkⅣ EF16-35mm F2.8L III


まだ春遠き流れは、生命感はかんじられず

冬の渓1
※ホワイトバランス 白色蛍光灯



V字に形成された谿は
陽の光りも届かないので
彩の演出もなく、雪こそ降ってなくとも
まさに冬の彩

透明度の高い水の流れる音だけがした。

冬の渓2
※ホワイトバランス 太陽光



でも、こんな峡谷に遭遇するとワクワク感が止まらない。

冬の渓

写真を撮りながら30分ほど歩いただろうか?
少し疲労感がでたので、キッコー製菓株式会社の
『よい子わるい子キャンディー』を舐める。
1個20円、味は4種類
もちろん僕の好きなグレープ味だ!!(笑)




そんな光景を見ながら
来るべき渓流シーズンの事を
思い浮かべ歩いていると
心地よい汗が流れきた。



谿から帰る途中で、虫が1匹飛んでいた。
飛んでる虫を帽子で捕まえてみると
コカゲロウだった。
逃げないうちに、
咄嗟の時に撮れるようにと
ELKEXヒートクロスレイヤージャケットの
ポケットの中のコンデジで撮ってみた。
コカゲロウ
※STYLUS TG-4 Tough  マクロモード

こんな水生昆虫の羽化を目の当たりにすると
静まりかえった冬彩の谿も、春が着実に近づいている事を実感した。


にほんブログ村
スポンサーサイト

 谿の風景

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。