森羅の渓

白谿の居付きアマゴ

夜中の1時30分に自宅を出発し
朝の4時30分には、こまくさ橋に到着
西の空には三日月が出ていた。
午後から用事があるので、遅くとも13時には
家に帰らないといけない弾丸釣行である。

こまくさ橋

薄暗い中、川を見ると水量が少ない。

近くのコンビニで朝食と日釣り券を買い
太田切川はパスして別の場所に移動する事にした。




日釣り券

天竜川漁協組合は沢山釣り場があるのですが
あまり時間がないので、となりの中田切川に行く事にした。
養命酒駒ケ根工場脇の道を1kmほど進むと堰堤がある。
そこで、準備をし堰堤をちょっとだけ釣りをしてみたが
チビイワナが1匹でたが、後が続かない。
堰堤上を今から行く時間もないので
さらに南下する事にした。


花崗岩で形成された美しい流れの
白谿に到着し、少し毛鈎りを流してみるが反応がない。
今から移動するのも時間的に難しいので
この場で少し釣り上がっていく事にした。

釣りあがっていくとやっと生命反応が
あり数匹の小型アマゴと対峙できだ。
時計をみると既に7時を少し回っていた。
帰りの時間を考えると、この淵を最後にすることにした。


白谿


ピーコックパラ♯12をナチュラルに流すと
吸い込まれるように毛鉤りが消えた。

イワナかと思い少し遅合わせをすると
バンブーロッドが綺麗に弧を描た。
先ほどまでの木っ端アマゴとは
明らかに違う強烈な引きだ。

慎重にやり取りをしていると、下流に走られ
このままでは、バレる恐れがあると判断し
半ば強引に寄せ、なんとかネットインする事ができた。
メジャーで計測すると、30.2㎝。
厳密には、1mm足りないが尺物と言っていいだろう。

夏アマゴ

居付きの夏アマゴらしい尺物をもう一枚。


夏アマゴ1

かなり強引な弾丸釣行ではあったが、十分満足できる釣果を得る事ができ
帰りは少し睡魔に襲われたが、午後1時には自宅に戻る事ができ
嫁にお小言をもらう事もなく済んだ。


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/01 (Mon) 10:07 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest